不動産オーナー様へ

不動産オーナー様のよくあるお悩み

1 空室が埋まらない 2 管理が大変! 3 不動産の有効活用、相続対策 のお悩み 大丈夫です、Arouseがサポートいたします!

1.空室が埋まらない

東日本大震災以降、仙台市の賃貸住宅経営を取り巻く環境は大きく様変わりしました。沿岸部からの直接的な人口の流入のほか、復興需要に対する業務支援のための転勤者や、土木・建設工事の従事者などが大量に流入し、最近やや落ち着きを取り戻した感はありますが、一時は住宅の供給が追い付かない状況も見られました。この傾向は春先の新入生を迎える時期に顕著となり、今後も市街地中心部に近い住宅地ではその傾向が続くものと思われます。

しかし、復興需要を背景とした好況感はいつまで続くか判断は難しく、需要の急激な落ち込みがあるかもしれません。借主サイドの要望は益々多様化し、地下鉄東西線の開業やそれに伴うバス路線・ダイヤの変更などもあり、利便性の変化に伴う立地条件の変化なども賃貸住宅経営に大きく影響します。復興需要を当て込んだ建設ラッシュにより、一部地域では既に供給過多に転じつつあります。

既存の住宅を賃貸する場合でも、新規に建物を建設する場合でも、このような状況を正確に見極めたうえで適切な投資を行う必要があります。既存の住宅であれば、立地や建物の状況に合わせた最適な投資とはどのようなものか、新規の建物を建設するのであれば、どのようなプランが最も望ましいのかなど、責任をもって相談させていただきます。場合によっては大規模なリノベーションが必要になるかもしれません。賃料の見直しが必要になるかもしれません。新築は見送って駐車場の経営をした方が良い場合もあるかもしれません。これら対応策について総合的に相談させていただきます。

2.賃貸住宅の管理が大変

今まで自分でアパート経営をしてきたけれど、月々の家賃の管理や入居者の対応が億劫になってきた。建物も古くなってトラブルも多く、修繕の手配や立会も大変。他にもやることがたくさんあって困っている。そんなお忙しいオーナー様に代わって、アパート経営のお手伝いをさせていただきます。

最近、退去時の敷金の清算をめぐるトラブルが急増しています。そういったトラブル回避のためにも是非我々専門家にお任せください。

3.不動産の有効活用、相続対策のお悩み

住宅事情が変化し、空室が埋まらない賃貸住宅が増え、でも固定資産税は下がらない。売却も含めた不動産の有効活用を検討したい。代替資産の取得のことや税金のことが知りたい。また、相続対策と一言でいっても、何をどうしたらよいかわからない。

そんなお悩みもアラウズが解決いたします!

当社スタッフと提携税理士、司法書士、会計コンサルタントが一体となって問題解決のお手伝いをさせていただき、最善と考えられるの対応策をご提案させていただきます。

賃貸・売却物件、募集しています!

近年、インターネットからのお問合せが急増し、不動産会社を直接訪れるお客様は減りつつあります。広くお客様の募集をお考えのオーナー様、お気軽にご相談ください。

また、やっとの思いで購入したマンションや一戸建住宅を、転勤等の諸事情で売却や賃貸しなければならないときなど、どちらが得か検討する段階からご相談にのらせてください。今の借地借家法では期限付きで賃貸することも可能です。その間、お客様の大切な財産は当社が責任をもって管理させていただきます。

売却価格の査定もお客様の納得のいく資料を提供しつつ相談にのらせていただきます。物件は居住用でも事業用でもかまいません。もちろん相談は無料です。

ページTOPへ